万物に片想い!!(byチクボン)

プログラマーのIT関係ない個人的なブログ

根拠

今の生活がなんとなくパッとしない。パッとする生活っていうと、行きつけのお店があって、家具や小物にこだわっていて、これっていう趣味があって、それは例えば楽器だとかロードバイクとかで、週末は気になってたお店に行くとか、話題のレジャー施設に行くとかっていうことで。仕事は…説明しやすい、一言で言える仕事についてて…。

っていうと、これって結局他人からみて分かりやすいってことなんだと思う。今の私がそこそこ満足な生活をしてるよって示せるし、自分でもそう分かるっていうことなんだと思う。実際そんな生活をしてる人がいてその実態はドラマで見るようなキレイなものではなくてそれなりに所帯染みているものだと思う。だって風呂掃除をしなくちゃ風呂には入れないし、洗い物をしないと飯は食えない。仕事だってヘタをこいたら笑い事にならなくて、家族を作ったり続けて行くとしたら鬼のような覚悟が必要な時もある。

夢の国と言われるディズニーランドさえ、きっとキャストやスタッフの泥臭い努力の結晶でできているのと同じで、生活っていうのも殆どの時間は味気ないものなのだ。そのつまらない生活が、ごくたまに花を咲かせるだけなのだ。  

パッとさせたつもりでも他人からの見映えや説明のしやすさを意識している限り、キリがなく、いつまでたっても物足りなさを感じるだろう。

だからきっと必要なのは、このパッとしない生活を受け入れられる根拠だ。

悶々とフラストレーションをため、諦めて、開き直って生きろというのは違うと思う。

そのためにできることは自分の人生で大事にしたいものはなにかを分かっているということだ。

私の人生にあってほしいものは何か。何と共に生きていきたいか。それはもちろん大切な人でもいいし、音楽と共に、アニメの推しキャラと共にとか、旅行のある人生とか、演劇や映画との出会いがあるっていうのでもいい。なんにしても何と共に生きるのかが分かっているっていうのは、パッとしない人生を受け入れられる、根拠になると思う。