万物に片想い!!(byチクボン)

プログラマーのIT関係ない個人的なブログ

自意識

自分が大事って本能は本当に厄介で強力なもので、いざという時に相手の立場を考えた行動をするというのは本当に難しい。

自分が他人より優れているという意識も、自分が他人より劣っているという意識もどちらも自意識には変わりなく、そういう思考が脳内に居座ってる間は見落としているものがきっとあるのだ。

自意識をなくすことは不可能だが自意識が本能であると認識することで少しは客観的にみられるだろう。

また、他人も同じように自意識があると認識できればより客観的にみられるだろう。

他人の自意識にしろ、自分の自意識にしろ、同じように厄介で、自分にとっての他人の自意識が、他人にとっての自分の自意識であると考えればそれがどのようなものかわかるだろう。

そして自意識があるのはそのままに、他人と自分はどちらが上、どちらが下という話ではなく、存在の重さとしては(人間の意味付けの重さではなく)等しい存在だと認識できてこそ他人の立場に立つ、他人を自分自身のように大事に想う、または自分を他人のように客観的に捉えることができるのだろう。