万物に片想い!!(byチクボン)

プログラマーのIT関係ない個人的なブログ

死んでもいい人生

どんなにすごい人でもどんなに美しい人でもどんなに賢い人でもみんなごみクズとおんなじ地球上の物質に過ぎない。だからどうだっていい。私を知ってる人も、あなたを知ってる人も100何十年後かには全員死ぬ。だからどうだっていい。私は小さい存在だ。この世界の、それは地球とか宇宙とかじゃなくて、もっともっと広い世界の中で、私と砂粒はほとんど変わらない。そんな私が喜んでようが、悲しんでようが、よい人であろうが、悪い人であろうがどうでもいい。

そんなことが関係するのはごくごく小さい人間の世界の話だ。私たちは人間の世界の中にいる。世界の内側からは世界をみることができない。だから人間の世界を直接見て理解することはできない。しかし人間の世界は世界の全てではない。私が死んでも生きても大量殺人犯でも大統領でも、地球が破滅しても宇宙が消え失せてもそんなのはこの世界の中でどっちでもいいことだ。

そんな世界の中で、人間の中で人間として生きていくのは私の意思だ。どうでもいい世界の中でそれを選んだ私の意思だ。私はいつでも死んでいい。いつでも人を殺していい。そしてその逆もまたいい。悪い人でも良い人でもどっちでもいい。

全ては私の選択次第だ。