万物に片想い!!(byチクボン)

プログラマーのIT関係ない個人的なブログ

運転のはなし

おはこんばんちは!

 

チクボンです。

 

最近更新してなくてすんません。

忙しい訳ではないんですが、睡眠時間とろうキャンペーンをやっていて早く寝てしまっていました。てへっ!

 

この間三重県に旅行に行きましたー!

東京から新幹線で愛知の豊橋までいって、そっからレンタカーで伊勢まで。

思ったより渋滞していなくて2.5時間くらいでつきました。

で、二泊三日、車であっちこっち行きました。

 

う〜良かった!今回は伊勢志摩(ちょっぴり鳥羽)を回ったんですが、車で回るのがちょうどよかったです。車の旅は初めてだったんですが山道とか登れたり予定変更できたりいいですね。車内でも会話ができて楽しかったです。

 

私はいままで車にあまり乗ってこなくて、そもそも家庭に車があったことが一度もなかったから乗せてもらったことすらほとんどなかったです。車の免許をとったのは入社する会社が車の免許を持っているのが条件だったからで、かといって仕事で車を運転する訳でもなく、東京にいれば車に乗らなくても暮らしていけるので乗らない日々を過ごしていました。旅行に行くって時も普段してない運転をして事故を起こしたらいやだなって思って誰かに運転してもらうか電車にしてました。

と、ここまでは言い訳。

本当のところ、以前の私は自分が運転なんてできるわけないと思っていました。運転なんて誰でもできるよ。慣れだよ慣れ。そんな言葉を聞くたびに私の中の確信は強くなる気がしました。だったら私にできる訳ないな。普通の人が普通にできることが普通にできない。ようするに普通じゃない。何度やっても慣れることはない。欠陥人間だから。そう思いながらも「車に乗ることで普通の人だと証明できる」なんて思って無理して乗ると怖くてお腹が痛くなって早く降りたい早く降りたいでも車をここに置き去りにする訳にはいかないから運転しなきゃこんな精神状態で運転するの怖いみんななんで運転できるの?ああ後ろの車に遅いと思われてるかな動きが変で不安にさせてるかなちゃんとしなきゃ周りは当たり前に運転してる自分はできてないやっぱりだめなんだ頭痛い気持ち悪い降りたい降りたい降りたい。

車を返す時にはヘトヘトでした。

自分にとって車が運転できるのは普通の証のように思えていました。普通の証ってちょっとおかしいですね。そのくらい私は普通の人間になりたかったんです。普通の人間というレベルに達しているとは到底思えなかったんです。みんな凄くて自分はダメ。根底にそんな意識があったんです。

 

それから何年か立って、こんな風に運転で二泊三日なにごともなく、上手いとは言えなくても安全に楽しく運転できて、実はすごい嬉しいんです。

 

読んでくれてる人は「その数年で何があった!???」ってきっと思うと思います(笑)また乗ろうと思ったきっかけは単純だけど、彼女とドライブしたかったからです。てれてれ〜!!!もうっ!男って単純!けどそれだけじゃないです。昔の自分だったら彼女ができても「ごめん、俺ちょっと自信ないわ…」って言ってたと思います。まぁそれもそれでアリかもしれませんが、自分としては申し訳ないやら情けないやらで精神病んでたと思います。

「たぶん乗れるんだ」って思えたんです。それは一人の人間として認めてくれる人ができたからで。自分自身でも欠陥があるにせよ大丈夫だと思えたからで。

 

もちろん今でも自分はダメな人間だと思っています。だから彼女とドライブに行くに当たっては何度か友人に付き合ってもらって日帰りでどっかいったり、ちょっとした買い物も車でいったりしました。自分は事故を起こす人間だと思っています。少し気を抜けば取り返しのつかないことになる。脳裏にはいつも大惨事が展開しています。そんなこと考えない方がいいって、むしろ逆効果だよって言う人もいると思います。実際、以前の私はその想像が実現してしまうと信じてしまい上手く運転できなかったような気もします。でも今ではもう片方の意識も付いたんです。『自分は事故を起こす人間だ。だけどそれを起こさないだけの力はあるはずだ。』

 

ダメ人間はダメ人間なままで一歩ずつ前に進める。

人間としてはダメかもしれないけど、私としては頑張ったよねって言えればいい。

今ではそう思えます。

 

いつも迷惑かけてごめんなさい。ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

 

いじょ!

 

ばいちゃ