万物に片想い!!(byチクボン)

プログラマーのIT関係ない個人的なブログ

ハマってる人のはなし

おはこんばんちは!

 

チクボンです。

 

涼しくなったと思ったら今日なんかは蒸し暑かったですね。

公園でまだセミが鳴いていてびっくりしました。

 

最近は崎山蒼志の動画をひたすら漁っています。

本当に好き。


崎山蒼志 『アンデレーション』 遠州webTV 香りの公園 20171009

 


『North』崎山蒼志 概要欄に歌詞有り Soushi Sakiyama

 


『ソフト』 崎山蒼志 KIDS A キッズエー ギター弾き語り 14歳 オリジナル曲 浜名湖 ワッツ

 

今まで非凡だと思っていた人がみんな凡人だと思ってしまうほどの音楽性。

 

歌詞や音楽が曲に紐付いている。ギターを見せるため、歌詞を見せる為ではない。

すごい深い歌詞だな〜ってこっちが思ってても割と本人はあんまり意味を込めていないパターンな気がする。ただ、歌詞と音楽が全て「この曲をこういう風にしたい」っていう一つの点に向かっている。(個人的には言葉の色の使い方がめちゃくちゃイヤ〜んって感じ!)

その上で視聴者の意識との結合度は低い。

人は視線を受け止めない人を見る。他人の視点が体を貫く人を見る。

誰かの視線を待っている音楽はすぐにばれてしまう。だからそうでないこの曲を見てしまう。

 

この人は本当に淡々と音楽を作り続けることのできる人間なんだと思う。

何でって聞くと「面白いから」って答える人だと思う。

ある意味職人的な感じ。斉藤和義とか中田ヤスタカとか草野マサムネとかそんな感じ。逆に融通はきくタイプ。

「音楽業界にこの音楽性を崩されないで欲しい」って言ってる人が結構いて、その気持ちはわからなくはないんだけど、そんな心配不要だとおもう。もし「変わっちゃった!?」って思うような事があっても、絶対にパワーアップしてすげーもん生み出してくるから。この曲聞いて大丈夫だろうなと思いました↓


KIDS’A キッズエー 崎山蒼志 (14歳) 弾き語り『She will』 オリジナル曲 ライブ音源

 

本当にしっくりくる曲は聞きながら歩いていると映画のBGMみたいになる。

音楽じゃなくなるんだ。久々にそんなアーティストに出会えてウホウホ言ってる。

 

これからどうなるか分からないけど、確実に私の人生に影響を与えたアーティストの一人であることは間違いないです。

 

ああ蒼志くんのワンマンライブやるときは絶対に行く。ワンマンライブでなくてもタイミングが合えば是非行く。

 

ってことで!

 

ばいちゃ!

 

…13歳の時の五月雨もいい。うへへ。


KIDS'A キッズエー 崎山蒼志(13歳) 弾き語り 『samidare~五月雨~』 オリジナル曲 in キタラ 浜松駅