読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万物に片想い!!(byチクボン)

IT見習いの個人的なブログ

「演劇みにいったよ」のはなし

おはこんばんちは!

チクボンです!

 

ご無沙汰しております。

今年は本気で残業を減らすと言っていたのですが、

去年以上に残業デイズです。

 

土日のバイト(結婚披露宴会場の音響照明の仕事)は3月いっぱいで辞めることにしました。約200件の結婚式に携わらせていただき本当に貴重な体験でした。

2年間やっていたわけですが、正直注意欠陥な自分に向いている仕事ではなく、ただ好きな気持ちだけで続けていました。辞める話を現場リーダーにした時に「週一でもムリ?」と聞かれ一瞬心が揺れましたが、ここは辞める勇気を出さねばなと思って「辞めます」と言いました。

「変わることはいいこと」だと思うんです。

 

そして今日はそんなバイトをお休みし、演劇を見に行ってきました!

私が昔組んでたバンドの、メンバーの妹が出演&脚本かいて能動的にやっているとのことで、その劇団の解散公演でした。バンドの話ということで、そしてなにやら、うちのバンドのメンバー構成をモデルにしてくれたとのこと。こりゃ見に行かにゃということで。

 

公演は1日限り。3回。ふむふむ。真ん中の15:00の回にいくの巻。

参考にしたのはメンバー構成だけということなので内容については全く検討がつかず、どのくらいのレベルの劇団なのかも不明だったので正直あまり期待しないで向かいました。

 

会場に2時間前くらいについてしまい、結構離れたマックまで行ってそこで基本情報の勉強をするかと思いきや爆睡。アラームセットしてしっかり。

 

開演30分前くらいに着くようにマックを出て、見知らぬ街並みをぼんやり眺めながら真面目なことやエロいことを考えてテクテク歩く。

 

会場入り口でタバコを吸う。ビルのテナントさんしか吸わないでくださいの張り紙が貼ってあったけど私は不良なので吸う。

 

地下への階段を下りながら初めてライブハウスに行った日のことを思い出したりして、ドキドキしながら会場の分厚いドアを開ける。

 

小さなハコはこれぞまさに小さなハコという感じでそそる。

まず灯りがそそる。アルミホイルでつつんじゃって雰囲気出てる奴。観客席は段々になっていて椅子が並んでいる。一番上の一番奥の席に座る。

 

高校の時によく聴いた曲だけど誰の曲か思い出せない曲がながれてて、もともと歌詞がない曲だったのか歌詞なしになってるのかも判別つかず。

 

段々と音が大きくなってそろそろ始まるなという感じになる。

そして開演・・・

 

感想としては、

「ねぇこの芝居抱きしめてもいいですか?」

 

脚本を書いた彼女はすごいと思う。断片的にイメージは湧いても、それをつなげて芝居として成り立たせるのは相当大変かと思う。実際自分以外の人にも演じてもらうわけだし。音響・照明、空間を効果的に利用するとか具体的な話もあるし。

 

内容はあんま詳しくいえないけど、

というか言葉ではうまく話せないだけなんだけど、簡単に言ってしまうと、どこにでもある一つのバンドがバラバラになっていく話。これ言っちゃいけなかったらごめんね。

 

「しょうがなかった」とか「あの短い時間があっただけでもよかった」とか言い聞かせてそのうち何もなかったようになっちゃうかもしれない時間。

 

そんな大層なバンドでもなかったから、もうずっとスポットライトが当たらない場所にいたはずの話。

 

もうあの日と同じように楽器を持って集まったとしても、取り返せない日々。

 

うちのバンドも今日の演劇のバンドも、物語としてはハッピーエンドとは言い切れないけど、あの日々に綺麗なお墓を建ててもらったみたいで勝手に嬉しくなってる。

ダサいっていっていいよ。ありがとう。

 

もっと話たいけど以上!

勝手に感情移入しちゃって、気持ち悪いから笑

 

 

それにしても演劇いいなぁ。俺もサラリーマンなんかやってる場合じゃないかも。

全てなげだしてしまおうか。それもいいかもね。

 

演劇LOVE.フォーユー♡

バンドLOVE.フォーユー♡

ずっと愛してるぜ!

 

ばいちゃ